日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

確定拠出年金が最高値

持株の資産も最高値、含み益も最大になってましたが、勤め先の確定拠出年金も含み益が12%と増えてました。

選択はMSCIコクサイ、日本以外の先進国株式に連動する指数のインデックスを100%にしています。

マッティング拠出できないのが残念ですが、引退するときに全部一時金で受け取ってVYMに置き換えようと思ってます。

現在は国民年金にあたる老齢基礎年金、厚生年金にあたる報酬比例部分は65歳からの受給になります。

そのために60歳から65歳までは処遇が下がりながらも勤め先にぶら下がらずを得ない人が多いと思います。

さらに来年から企業が社員を70歳以降個人事業主として委託することが義務付けられますからね。

私自身は経済的自由を経て60歳にはリタイアしたいと思ってますので、月20万のインカムゲインを得られるように毎月株式を買っていくだけです。