日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

インデックスと継続入金

日本株の個別株、米国株、ETFと手掛けてきましたが、結局VOOやVYMなどのインデックスを継続・定額買っていくのが一番安定してますね。

配当金は税金の分だけ損するという考えがありますが、老後に資産があっても私は毎月定期収入がないと自由には使えないと自身では思ってます。

となると毎月定額積み立てるとして、問題はどうやって積立額を増やすか。増配株&株数が増えれば指数関数的に配当金は増えますが、時間は数十年単位でかかります。
  
まあ、60歳で引退できれば御の字かな。退職金はなくても住宅ローンや老後資金はなんとかなりそうなので、勤め先はあくまで自分有利になるように利用したいと思います。

住宅ローンの完済のために退職金をあてにし、会社にしがみつかないといけないのは避けたいところです。会社に従属せざるを得ないですからね。