日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

解雇の金銭解決は必要

海外の企業は不況になるとレイオフ・解雇したり、不振事業を分割してスピンアウトできます。

一方、日本は解雇が難しく、働かない社員や問題社員も抱えざるをえません。

だから、賃金も中々上がらないですし、低収益事業を抱え込まざるをえない。

企業も馬鹿ではないですから、解雇の金銭補償の制度があれば、本当に必要ない社員だけリストラするでしょうし、優秀な社員の賃金を上げやすくなると思うのですよね。

あと勤続年数が長い程退職金が上がり、税額控除が上がるのも、社員が会社にしがみつかませる悪手段です。

優秀な社員はその分給与や確定拠出年金で積んでもらった方が余程喜ぶ気がします。

総理に労働規制緩和を頑張って欲しいですね。