日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

VYMを15万分買付

<スポンサードリンク>

 

 今月はバンガード米国高配当株式ETFを17株、約15万円分買付しました。

 

VYMはリタイアしたらインカムゲインの中心に据えたいと思っているETFです。

定期的に買っておりましたら589株まで増え、累計投資額も500万弱となりました。

 

リタイアするまでにはこの3倍は投資したいと思っています。

 

9月末のデータですと413銘柄に分散され、経費率は0.06%。保有上位10銘柄は下記となっています。

 

ETFの良いところは構成銘柄の1社が破綻したとしても分散されてますので、被害を最小限に抑えることができることです。

 

自分の資産が大きくなるにつれ、どうしても保守的な運用にしたくなりますよね。

 

VYM、VOO、VTI等好みによりますが、どのETFでも米国の成長を自分の家計に取り込める素晴らしい金融商品だと思います。

 

同質の投資信託でもいいですが、円貨のリスクヘッジとしてはETFが優れているのではないかと思います。

 

投資可能金額と相談しつつ、少しずつ積み上げていきたいですね。

 

1.ジョンソン&ジョンソン

2.P&G

3.JPモルガン

4.ベライゾンコミュニケーションズ

5.インテル

6.コムキャスト

7.メルク

8.ファイザー

9.AT&T

10。ウォルマート

<スポンサードリンク>