日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

改めて配当する企業は重要

コロナ禍で航空と鉄道は大幅赤字、石油はWTI先物がマイナスになるなど大きな影響が出ています。

ロイヤルダッチシェルは減配、ANAJALは2020年3月期の配当が無敗になると発表されてましたね。

一方、生活必需品や医薬品を扱うジョンソン&ジョンソンやプロクター&ギャンブルは1〜3月期増益となったとのこと。

マイクロソフトもテレワークによるTeamsの需要増となっており、この状況下で強さが増しています。

不況期や緊急時に企業の強さが際立つ訳ですが、自分の資産に景気変動の少ない銘柄も取り込んでいきたいですね。

そういう自分の今月の買付は景気後退直撃真っ只中のウェルズ・ファーゴにしようと思います。かなり下げてますが、潰れることはないかなと。個人ローン破産は心配ですけどね。