日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

対面の証券会社が必要か

野村証券大和証券日興証券SMBCが対面営業をコロナの影響で休業するとのこと。

SBIなどのネット証券に慣れた身にとっては対面型の証券会社の必要性は全く感じないです。

手数料が低く、優良金融商品が選べるネット証券で十分。

対面型の証券会社はM&A、事業会社の資金調達、IPOなどの助言、個人の資産形成に有用な助言ができないと生き残ってイケないでしょうね。

金融資産の大部分を保有しているのは65歳以上ですが、亡くなったら子供は対面証券会社には残さないケースが増えるでしょう。

コロナウイルスはテレワークなど、本来進めるべき取り組みを数十年は早めるキッカケになるかもしれませんね。