日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

日産が減配

日産自動車の2019年10〜12月期の最終損益が260円の赤字になり、2019年度の配当金を10円と2018年度から47円の減配にはなるようです。

日産は日本株の中で高配当で有名ですが、こうも簡単に87%も減配されるならオチオチ投資できません。

日産は日本を代表する大企業ですが、2022年度までに世界の生産能力の1割を削減する計画があることから社員も安泰ではないですね。

目先の高配当に惑わされず、事業構成やフリーキャッシュフローなど稼ぐ力があり、他社優位がある企業を投資に選ぶのが安心ですね。