日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

貯金は日本に賭けると同義

ここ20〜30年デフレが続き、サラリーマンの平均給与は上がるどころか下がってます。給与が上がらない中です社会保険料の負担が増えているので、家計は苦しくなる一方です。

食料品の価格を上げようとしても消費者から直ぐ反発があるので、食料品メーカーも中々小売価格を上げられませんね。

物価が上がらない中です他国はドンドン経済成長して給与も物価も上がりますから、日本円は相対的に切り下げになり価値が減っていってます。

新型コロナウイルスは例外ですが、ここ数年のインバウンドが盛り上がっているのは日本に興味を持つ海外の方が増えたのが前提ですが、日本が安い国に成り下がったことも大きいのでしょうね。

資産運用はこれから社会人には必須の教養だと考えますし、種銭を貯めるために貯金するのも大事ですが、貯金は衰退する日本円に賭けると同義です。

生活防衛資金以外はドルなどの外貨資産、特にVOOやVTIなどの分散されたETFを資産に取り入れることが資産防衛のために有用だと思います。