日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

ユニリーバから配当金を受領

<スポンサードリンク>

 

LUXなどのボディソープ・シャンプーやリプトンなどの紅茶などを手掛けるユニリーバから配当金7.86$受領しました。

 

配当利回りは3%弱となっています。

 

2018年は株価が通年で不調でしたが、2019年は大分持ち直しております。P&Gや電力会社などのディフェンシブ株が総じて好調なので、その一環ですかね。

 

ユニリーバはイギリス系の企業でアメリカではADRという形式で上場しています。イギリス系のADR企業(持株ではBTI、NGG)は現地の所得税がかからないというメリットがあります。

 

まだ22株とそれほど保有していないですが、2017年の急落時にもっと買付できれば良かったですね。

 

優良企業はいつ急落するか分からないので、定期買付しつつ、リーマンショック的な金融危機が起きる場合は買付ができるように現金比率も少しは高めていきたいところです。