日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

マコーミックから配当金を受領

<スポンサードリンク>

 

香辛料世界最大手マコーミックから配当金15.18$を受領しました。

 

配当利回りは1.42%、連続増配は32年です。配当性向は42.59%となっています。

 

経済的な堀、つまり他社と比較した優位性が高い程、その企業が反映する可能性が高いですが、『香辛料』の世界大手という地位は経済的な堀が高いと言えます。

 

人が豊かになればなるほど色々な料理を食べたくなりますし、それに伴い香辛料の需要も相対的に増えていきます。今後も他人に自身をもってお薦めできる銘柄の一つでしょう。

 

同じ食品大手でも投資に失敗したのがクラフト・ハインツ。安定していると思われる食品株でも失敗するときは失敗するのが個別株。

 

ここの魅力的な銘柄に投資できるのは楽しみであるものの、安定・分散を狙うならVOOやVTIのようなインデックスに投資するのが賢明と思います。私自身は飽きてしまうので、今後も個別株は少しずつ取り入れると思います。

 

米国銘柄の増配年数は下記サイトが便利です。

https://www.dividend.com/

<スポンサードリンク>