日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

UPSから配当金を受領

<スポンサードリンク>

 

米物流大手ユナイテッド パーセル サービスから配当金20.76$受領しました。配当利回りは3.2%弱です。

 

7月に発表された4~6月期決算は利益が会社予想を上回ったということで、コスト抑制施策が貢献したようです。

 

 

足元米中関税紛争で、消費財の物流量が下がりそうな懸念がありますが、私にはどうにもできませんので、黙ってUPSも保有することにします。

 

そういえば、日経新聞の記事で三菱UFJ銀行が現状の金利環境が続くようであれば口座維持手数料を預金者から徴収することを検討しないといけないという内容のものがありましたが、口座維持手数料やってもらえればいいと思います。

 

口座維持に預金者がコストがかからないから、1人で何行も口座開設する訳で、口座維持手数料がかかるとしたら預金者も口座開設銀行の取捨選別をすることでしょう。

 

預金者は給与入金先や公共料金振替、投資商品の提供など自分にメリットがある銀行がどこなのか、銀行も大口預金元、借入など利益に貢献する口座開設者など選別が進むのはいいことだと思う次第です。

<スポンサードリンク>