日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

貯蓄2000万では不安は解消しない

例の金融庁の老後2000万の指針ですが、2000万の貯蓄があっても老後の不安は解消しません。

藤忍さんがブログに書いてましたが、人生は有限であるものの、いつ終わるか分からないため、ストックがあっても怖くて使えない。

労働収入以外のキャッシュフローが有るのが安心で、サラリーマンには配当収入か不動産収入が取り組みやすいのではないかと思います。

配当収入なら今後も安定感がある米国株がベストで、VYMやHDVのような高配当ETFが分散が効いていいですね。

生活をカバーできる位の配当をもらうためには、投資額もかなりの金額になりますが、給与収入を増やし、節約をとおして積み上げるしか不安は解消できません。

出来ない理由を積み上げるより、目標を達成するためにどうするか考える方が生産的ですよね。