日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

不動産はタイミング

2017年から投資不動産を運営していますが、2019年に入って金融機関の融資姿勢がかなり厳しくなっているようですね。

カボチャの馬車とスルガ銀行の過剰融資、TATERUの資料改竄、レオパレスの建築不正など不動産投資には逆風です。

ここ数年の金融機関の投資不動産への融資が過剰だっただけで、今後は富裕層や地主など元の融資候補に戻るだけでしょう。

新規融資がつかないということは、売り手も思うように売れないことになるわけで、現金で買える方にとっては、ディスカウントを交渉できるのかもしれませんね。

保有物件の融資返済は進めつつ、不動産の情報収集は続けたいと思います。