日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

VOOを14万円分購入

f:id:syywd390:20190629051528j:plain

<スポンサードリンク>

 

バンガードS&P500ETF(VOO)を今月は5株、約14万円分買付しました。

 

かのバフェットも妻には自分の亡き後は資産の大部分をS&P500を中心に運用するようにアドバイスしていることで有名ですが、S&P500は米国の大型上場株500株の株価に連動するETF(上場投資信託です)。

 

S&P500連動ETFはバンガード社のVOO、ステートストリート社のSPYブラックロック社のIVVとありますが、私はバンガード社が好みなのでVOOにしています。

 

1941年から換算すると指数は33倍になっており、配当再投資を行っていれば恐ろしい金額になっています。

 

もちろん、S&P500が今後確実に伸びるという保証は無いのですが、グーグルやアマゾン、私が社会人頃はインテルマイクロソフトなど、イノベーションを牽引する企業はアメリカから興りますので、素直にコツコツS&P500連動ETFを購入すれば報われる可能性が高いのではないかと思います。

 

これから投資を始める方は積立NISAで投資信託eMaxis Slim米国株式(S&P500)で積み立てるので十分思います。

 

私がVOOを購入しているのは外貨建てで資産を積み上げたいのと、ETFは配当があるので配当再投資が投資を継続するモチベーションになるからです。モチベーションということでは米国株で高配当・連続増配株も保有しておりますが、自分の給与以外に振り込まれる配当というのは、気分を高揚させるものですね。

 

今月は日本株の配当があったので多めに買付できましたが、コツコツ買付していきたいところです。

<スポンサードリンク>