日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

70歳までの雇用は悪夢

企業が社員を70歳まで雇用することが、その内努力義務になりそうです。

社員としては公的年金の受給が65歳から70歳に上がったら何かしらの仕事は継続せざるをえないですし、どうせ継続するなら慣れ親しんだ企業の方がいいですからね。

ただ、65歳過ぎて会社や同僚に感謝されて継続する方は小数ですし、正直年配の方が増えると職場活性度は下がる。

移り変わりの早い時代になっていますので、会社の栄枯盛衰は激しいですね。60歳過ぎて環境が変わっても仕事を継続できたり、副収入で生活できる準備をしておきたいところです。