日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

SPKから配当金を受領

<スポンサードリンク>

 

自動車用補修・車検部品の国内外卸であるSPKから配当金2,710円を受領しました。

 

2019年は1株67年の配当で19年連続増配で、2020年も1株70円配当予定と公表しています。地味ですが、日本企業では花王に続く連続増配年数で、どんな大企業もこれより長く増配していないのですから、SPKがいかに昔から株主還元に熱心だったかが分かりますね。

 

配当性向は24%弱でかなり余裕があります。大化けはしないと思いますが、安定的に増配を享受できそうな銘柄ですね。

 

f:id:syywd390:20190526220229p:plain

<スポンサードリンク>