日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

仕事はジョブ型に移行せざるをえない

経団連の会長が、終身雇用を企業としても維持できない旨を公表しておりました。

終身雇用、年功序列賃金、産業別組合は日本企業の特徴であり、戦後の高度成長を人口増と共に支えた訳ですが、終身雇用と年功序列賃金により職務を限定せずに雇用するメンザーシップ型雇用は維持が難しくなります。

そうなると欧米型の職務と勤務地を限定するジョブ型雇用を取り入れざるを得なくなると思います。

ジョブ型ですと、新入社員で一律の初任給は全く合理的ではなくなりますし、メルカリやサイバーエーシェントのように新人でも知識・経験で差をつける企業は増えそうですね。

売り手市場の中、優秀な学生は職務と勤務地を希望通りになるように迫るようになると思いますが、旧来の慣行を継続する企業は学生からソッポ向かれることになりそうです。

企業側も色々試行錯誤を迫られそうですね。