日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

確定拠出年金の運用状況

<スポンサードリンク>

 

勤め先は確定給付年金確定拠出年金があるのですが、確定拠出年金はMSCI-コクサイ1本にしています。

 

インデックスで良い商品はこれ位しかないので消去法なのですが、他の社員は元本保証型を選択している方が多いです。

 

昨年12月の急落時は元本割れしてましたが、2019年に入ってから株式市場の好調も相まって急速に評価損益が回復しております。

 

確定拠出年金は受給が60歳以降と限定されますが、それまでの運用利益・売却益が非課税になるので、低コスト・インデックスが最適解と思いますが、元本保証を選ぶ社員、高コストのアクティブを選ぶ社員とインデックスとして長期間では大きく運用利回りの差ができると思いますね。

 

悲惨な老後を迎えないため、10代の投資教育、会社に入ってからの投資教育は困難な時代を迎える10~20代には必須のものになろうかと思います。

f:id:syywd390:20190429093519p:plain

<スポンサードリンク>