日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

伊藤忠商事は好調

日経新聞によると伊藤忠商事の2019年3学期の連結純利益は前期比25%増の5000億円となり、予想を小幅に上回り、3期連続で過去最高になったようです。

2018年度は下期は減益の企業が多そうなので、伊藤忠は安心できますね。

配当金も下限保障していますが、増配を期待したいところです。 

商社は学生の人気就職先の常連ですが、海外経験ができる、給料がいい、業績がいいということで、まだまだ人気は続きそうですね。