日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

VYMを15万円分購入

<スポンサードリンク>

 

バンガード米国高配当株式ETF(VYM)を15株約150,000円分購入しました。

 

低コスト高配当ETFの代名詞のVYM、配当利回りは3.1%あり、約400銘柄に分散されているので、1銘柄が業績不振になったり、倒産しても影響は少ないでしょう。

 

配当再投資しているだけでで将来貰える配当金が安定的に増えていきます。

 

今後も定期的に買い増ししていきたい銘柄です。

f:id:syywd390:20190221001841p:plain

 

構成上位10位銘柄は以下となっています。米国の超優良銘柄で安定的なキャッシュフローがあり、継続的な配当金を支払う方針の会社のみですね。

1.ジョンソン&ジョンソン

2.JPモルガンチェース

3.エクソンモービル

4.ファイザー

5.P&G

6.ベライゾン・コミュニケーションズ

7.AT&T

8.シェブロン

9.インテル

10.シスコシステムズ

 

SBI証券での米国ETFはNISA口座であれば買付無料、住信SBIネット銀行で3月末までドル買付手数料が無料なので、1株からでも気軽に購入できます。

 

米国株ETFについてはVOOかVTIを選び、コツコツ積立できれば数十年単位ではプロの運用利回りより優良な結果になる可能性が高いです。配当金を投資のモチベーションにしたい場合や老後の安定的な配当金を望む場合にVYMはいい商品です。

 

ETFは低コストで分散された優良商品を選びたいですね。

<スポンサードリンク>