日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

スキルは十分条件ではない

長く社会人を過ごしてくると、会社でのポジションとその後の出世がある程度見えてくることがあると思います。

もちろん勤め先のが今後20~30年ももつかどうかなんて、誰にも分かりません。

最近よく感じるのは仕事のスキルを上げることは社内の出世の必要条件だと思うのですが、年収をあげるには需給のギャップを埋めることが重要だと思うのですね。

些細で難易度が高くない業務であっても自分にしかできない仕事であれば、付加価値は上がりやすい。

自分にしかできない仕事を囲い混む人は嫌ですけど。

あと稀少性があるものは価値が上がりやすいですよね。大坂なおみ選手の収入が高いのも、テニスが欧米で人気ということもありますが、四代大会で優勝してスポンサーがつくというレアなところに依るとこれろもあると思います。

自分には稀少性は全くないので、夫婦共働きで投資資金を増やしつつ、配当金・不動産収入を増やして総合で他人に真似できない稀少性を出していきたいですね。