日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

ドル建てで米国株投資をするのであれば(住信SBIネット銀行)

f:id:syywd390:20190210061513j:plain

<スポンサードリンク>

 

米国個別株を投資するとすれば、ドルを証券会社で買う必要がありますが(円貨でも決済できますが、手数料が割高であることもあります)、ドルを購入するのであれば、住信SBIネット銀行でドルを購入し、SBI証券に移管して買付するのが低コストで便利です。

 

なお、2019年3月31日まで米ドル買付手数料が0円となっております。ここ数年こういったキャンペーンを定期的にやられていますね。

住信SBIネット銀行HPより抜粋>

f:id:syywd390:20190210061840p:plain

 

SBI証券で一般NISA口座であれば海外ETF購入費用が無料だったりしますので、住信SBIネット銀行SBI証券の組み合わせで今なら為替手数料も買付手数料も掛からずにVOOやVTIなどの優良ETFを購入することができますね。

 

毎月コツコツ購入したい人であれば、積立NISA口座でeMaxis Slimなどの優良投資信託を購入していくのもいいでしょう。

 

不安定な株式相場ではありますが、低コスト・優良商品をぜひ自分の資産に組み入れていきたいですね。

<スポンサードリンク>