日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

グラクソスミスクラインから配当金を受領

f:id:syywd390:20190117051155j:plain

<スポンサードリンク>

 

英医薬品大手グラクソスミスクラインから配当金15.27$受領しました。

 

グラクソスミスクラインですが、12月になり米バイオ企業のテサロを約40億ポンド(約5,700億円相当)で買収することを発表しています。昨今の流れで、自社にない新薬候補を保有しているなどの理由で大型買収に踏み切ることが大手製薬会社の中で増えていますね。

 

特に日本の製薬会社が得意としていた化学合成での新薬開発が難しくなり、バイオ医薬品の開発にどの企業も注力していることから、これからもバイオ企業の買収というのは大手製薬企業では増えていきそうです。

 

また、米製薬大手のファイザーとコンシューマーヘルスケア部門を統合して合弁会社w設立するようで、グラクソスミスクラインが新会社の68%の株式を握るようです。

 

さて、ここ3年程乱降下を繰り返していた株価は落ち着かないです。配当利回りは5.4%弱あり、20年保有していれば元本を回収できそうな気もしますので、気長に保有したいと思います。

<スポンサードリンク>