日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

確定申告の準備(2重課税を取り戻す)

f:id:syywd390:20190106052542j:plain

<スポンサードリンク>

 

米国株への配当は現地で10%課税され、残りの90%に日本で2割の課税を受けるため、実質的な受取額は72%となります。

 

その2重課税を取り戻すためには確定申告が必要で、「外国税額控除」をいうものをする必要があります。

 

国税控除をすることで、米国での現地課税10%を国内所得税と相殺することができます。

 

私自身は給与収入は当然ながら円建ですので、リスクヘッジのためにドル資産を持つことが重要と考えていますので、米国株への投資は必須と考えていますが、確定申告が面倒という方はeMaxis Slimや楽天バンガードのような円建で取引できる投資信託を選択するのでも十分だと思います。

 

確定申告のためには各配当金銘柄のドル建配当金額、現地所得税額を纏めておく必要があります。

www.odazuna.com

 

www.odazuna.com

 

www.odazuna.com

 <スポンサードリンク>