日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

何が優先事項か

f:id:syywd390:20181107214153j:plain

中間選挙ですが、上院は共和党過半数を維持したものの、下院は民主党が過半を抑え、いわゆるねじれ議会になったようですね。


トランプ大統領も少しは民主党を気にして政策運営することになるのでしょうか。

 

持株の米国株は急落から回復しておりました。IBMは相変わらず不調ですが、P&Gとマコーミックの好調が大きいです。

 

話は変わりますが、40代といえば、会社員生活でも自分の将来がある程度見えてくる世代ではないかと思います。


まあ、将来的に自分が社長や役員になりそうにないことは分かってきますよね。

 

アラフォーの就職氷河期世代の実感としては上のバブル世代程には給与も伸びそうにない。

 

給与収入として自分一人でできることは限られますし、結婚しているのであれば共働きでそこそこ働いた方が世帯集収入は増えます。


その上で配当金や不動産収入があれば、リスクヘッジになりますし、世帯収入も大きくなります。

 

自分の与えられる仕事は応分にするものの、副収入を増やし、コツコツ積立投資しながら、なるだけ早く経済的自由を手に入れたいですね。