日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

ドル建て資産を積み立てる

f:id:syywd390:20181106224643j:plain

給与を円建でもらっているのが普通の日本人ですが、日本はここ20年弱世界の成長に取り残されています。

 

日本で時価総額トップのトヨタ自動車でさえ、世界では42位弱。新しい産業は起きず、少子高齢化が進み、暮らしやすい国だと思いますが、じり貧になりそうな予感はしています。

 

円建で給与をもらって預金していると感じにくいかもしれませんが、他国がインフレで日本が物価が変わらないのであれば、今後同じ円であっても海外から輸入するものは割高になる可能性が高い。給与が変わらず、買うものが高くなるようであれば貧しくなるだけですね。

 

今後自己防衛として取れる手段は海外でも働ける能力があればいいのですが、誰でも取れる手段は、給与収入をドル建て資産に移行し、ドル建てでインカムゲインを得られる仕組みを構築することではないかと思います。

 

円だけもっているだけに比較してリスクヘッジになりますし、円安が進めばドル建て資産の持ち分が増える訳ですし、円高が進めば円の価値が下がる訳でもないので特に問題が無し。

 

ドル建て資産で何を持つべきか分からない方もETFであれば、VOOやVTI、投資信託であれば楽天VTIやeMAXIS Slim米国株式(S&P500)のいずれかを選んで、コツコツ継続投資するだけでいいと思います。

 

自分の資産は自分で守り、家族だけはしっかり守っていきたいですね。