日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

アマゾンとグーグルの3Qは不調

f:id:syywd390:20181027105110j:plain

グロース株の代表であるアマゾンとアルファベットの3Qは不調でした。

 

アマゾンは3Qの売上高がアナリスト予想に届かず、2四半期連続で市場予測を未達。

 

グーグルの持株会社であるアルフェベットも市場予測に届かずでした。

 

26日のNASDAQでのアマゾンは前日比7.81%減、アルファベットはA株が1.79%減、C株が2.19%減と沈んでいます。

 

独り勝ちだった米国株にも変動が見られる中、愚直に連続増配株や優良ETFを再投資していく方が、安心して夜眠れることが多そうです。