日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

新興国投信の急減

新興国の株式、債券で運用する投信信託ですが、昨今のトルコショックにより8月末に5兆9,800億円と昨年末より8,000億円減少したとのこと。

トルコショックとは、アメリカが利上げに動く中、トルコは金利差が縮小するとトルコへの投資資金が流出するため、同様に利上げすべきところ、トルコのエルドアン大統領は利上げに反対し、株と債券が急落していることを言います。

トルコ同様に外貨準備金が少なく、対外債務が多い南アフリカインドネシア、ブラジルも大分不安定になってますね。

高い金利に引かれて新興国投信に投資する人も多く、そんな私も投資初期はブラジル・ボンド・オープンに投資なんかしておりました。

新興国は長い目でみれば経済成長するかもしれませんが、価格変動が激しいです。

長期的な資産形勢を考えるなら、VTI・VT・VOOなどの優良インデックスをコツコツ積立てた方が、夜は安心して眠れそうです。