日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

勝ち馬に乗るのが楽

朝晩涼しくなってきて、身体も大分楽になってきますね。

日経平均がバブルの最高値を全く更新する気配もなく、もう更新することはない可能性が高いかもしれません。

一方、アメリカの代表的な株価であるS&P500は最高値を更新し続けてます。

やはり、マイクロソフト、グーグル、フェイスブック、アマゾンなどイノベーションを起こす企業は皆アメリカから生まれますし、法治国会で基軸通貨国、株主還元に積極的とアメリカに非の打ち所がありません。

何も考えずにS&P500にコツコツ積立てているだけで資産が増えていくなら、素直に勝ち馬に乗るのが得策です。

直近では8月の雇用統計は平均自給が前年同月比2.9%増え9年ぶりの伸び率となりましたが、米国景気の好調さはしばらくは続きそうです。