日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

今のお金と将来のお金は等価ではない

少子高齢化が進む日本。日銀も物価目標を立てて、少しずつインフレを進めようとしています。

インフレが進めば、今の1万円の価値は将来的に減価します。日本の物価が上がらなくても日本では多国でインフレがが進めば、多くのものを輸入で賄っているので、同じ値段では買えないでしょう。

サラリーマンで稼いだら給与で節約し、貯金をする癖をつけることは20代ではとても重要ですが、稼いだお金の幾分か外貨に換えていくことは、上記のインフレに対する対策になります。

特に基軸通過のドルがお薦めですし、VTIやVOOのような外貨建インデックスに投資すれば、リスクヘッジに加え、数十年単位であればリターンを得られる可能性が高いです。

円を過信せず、少しずつでも稼いだお金を有用な投資先に換えていくことが重要です。