日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

セミリタイアに向けて

今日から連休明けの仕事でリハビリ的に過ごした方も多いのではないでしょか。

団塊世代も徐々に定年を迎えつつあります。

あと10~20年すれば、少子高齢化から企業の定年も60歳から65~70歳と伸びていくことが想定されます。

公的年金は既に段階的に65歳に受給開始年齢が伸びてますので、年金の空白期間のために60歳以降も働く人も必然的に増えていきますね。

ただ、生活費を確保するためだけに60歳以降も働きたくないです。しかも、現在は大幅に年収が下がるのがオチ。

現状追加投資分で10万、配当金再投資分で5万の計約15万月々積立投資してますので、年間180万円、残り20年々働くとして単純に3,600万円は積立可能だと思ってます。

福利を活かしたり、積立額を増やせれば追加4,000万~5,000万円の積み上げは可能でしょう。

そうすれば、配当金だけで年間180~200万は確保できると思いますので、子供が独立していれば十分セミリタイア可能です。

できるだけ早くセミリタイアできるよう、収入を増やし、支出を抑制しながら、コツコツ積立てしていきたいですね。