日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

クラフトハインツが少し復調

f:id:syywd390:20180805181737j:plain

 米クラフトハインツが発表した4月~6月期四半期決算が良かったようです。

 

売上と利益予想が市場予測より良かったということで、4~6月期の売上は0.4%減となたとのこと。現在私自身も保有しており、含み損がマイナス784ドルと少し縮小しました。

 

8月3日のクラフトハインツの株価は前日比8.4%上昇したものの、年初からの下落が24%減と完全な復調は大分先のことになりそうです。

 

さて、元々クラフトハインツはチーズなどで有名なクラフトとケチャップを展開していたハインツの合併企業ですが、キャンベルスープ(CPB)との合併観測が出ているようですね。

 

キャンベルスープは私自身も詳細は知らないですが、スープ、パスタソース、メキシカンソース、クッキーなどを展開しているようです。配当利回りは3.27%と高めであるものの、連続増配は2年と短いです。

 

クラフトハインツの配当利回りは4.2%と株価下落のため、上昇しておりますが、地味に配当は継続できる企業として今後もめげずに買い増ししていくつもりです。