日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

AT&Tから配当金を受領

f:id:syywd390:20180802225841j:plain

米通信大手AT&Tから配当金87.98ドル受領しました。

 

先日メディア大手タイムワーナーの買収が確定し、従来の通信会社から事業領域を広げる過渡期になっています。

 

24日に発表した4~6月四半期決算では、無線通信の契約者数は7.3万人増となりましたが、アナリスト予想には届きませんでした(8.3万人増)。

 

年初から株価は19%下落した結果、配当利回りは6.2%まで上昇しています。

 

ダメ株の烙印を押されつつあるAT&Tですが、携帯事業という潤沢な事業がメインで、通信キャリア3・4位のTモバイルとスプリントが合併したことから、米国における通信の寡占化はより深まります。

 

今後も安定した配当を期待できる銘柄として、少しずつ買い増ししていきたいですね。