日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

米国株のおすすめ銘柄

f:id:syywd390:20180725220719j:plain

少しずつ認知が広がりつつあるも、まだまだマイナーな米国株。どんな銘柄があるか分からない、どんな銘柄を買うか分からないという方も多いと思います。

 

短期ではなく長期で保有可能という前提で、少しずつ積立で購入していくことができるとしたら、自身をもっておすすめできるのは個別株ではなくETFです。

 

ETFは上場投資信託というもので、ざっくり云うと複数の個別銘柄の株価に連動する性質の株ですね。

 

複数銘柄に投資するので、単独銘柄に投資するよりもリスクを分散できますし、全世界や覇権国の米国に投資できるETFであれば、世界の成長やアメリカ株の成長を自分自身に取り組むことができます。

 

数あるETFの中で、初心者にも自信をもってお薦めできるETFは以下です。どれも良い商品ですので、どれかで悩み過ぎるよりは早く積立を始める方が余程得策です。


SBI証券マネックス証券楽天証券のいずれかがいいですが、私はSBIを使ってます。

 

1.VT(バンガード・トータル・ワールド・ストック)

世界の投資可能銘柄のほぼ全てに分散投資できる神的なETF。世界の今後の成長にかけるETFですね。経費率は0.1%。一般NISAであればドル建で購入、積立NISAであれば楽天全世界株式ファンドで購入となります。

 

2.VTI(バンガード・トータルストック・マーケット)

米国の上場銘柄ほぼ全部に投資できるETF。経費率は0.04%と低廉。一般NISAであればドル建で購入、積立NISAであれば楽天全米株式インデックスファンドとの組み合わせがいいです。

 

3.VOO(バンガードS&P500ETF

米国の大型株500種に連動するETF。経費率は0.04%。一般NISAでは同じくドル建、積立NISAであれば大和投資信託のifree500が良いですね。


上記のいずれかも10数年後スパンで積立ができるば相当資産がたまるでしょうから、銘柄に悩む位ならとりあえず、どれがで積立を始めるのがいいでしょう。