日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

IBMの2Qが好調

f:id:syywd390:20180721003503j:plain

米IBMの第2四半期が好調だったようですね。IBMホルダーにとっては長い暗闇から抜け出しつつあるのでしょうか。

 

売上高は200億ドルと3四半期連続で増加し、1株利益はアナリスト予想3.04ドルを上回り3.08ドルとなりました。

 

ストラテジック・インペラティブ(戦略分野)」という新事業部門(クラウド等)の売上高は前年比15%増の101億ドルとなり、アマゾンやマイクロソフトとの競争が激しい中では健闘してます。

 

決算を受けて株価も幾分か高騰しておりますが、完全な復調にはまだまだ時間がかかりそうです。

 

とはいうものの配当利回りは4.2%あり、フリキャッシュフローも一定数継続できていることを勘案すると、買い増ししてもいい水準なのかもしれません。

 

今年の1月に10株買い増したが、その内また買い増ししたいですね。