日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

オリックスから配当金を受領

f:id:syywd390:20180603031158j:plain

続々と日本株の6月配当が入金されてきます。

 

リース最大手のオリックス(8591)から配当金6,216円受領しました。

 

2018年度決算は売上が2兆8,628億円で前年比7%増、税引前当期純利益は4,355億円で2%増となりました。業績は好調ですが、リース業は多額の借金が必要であるため、米国の今後の利上げがどのように影響してくるか注視されます。

 

さて、今回1株年間配当は66円となり、前年から13.75円増配です。ここ4年の1株年間配当は36円⇒45.75円⇒52.25円⇒66円と増配しており、いいペースですね。株主還元に非常に積極的な姿勢です。

 

オリックスの株主といえば、株主カードというものを受け取ることができ、オリックスレンタカーが3割引きで利用できたり、オリックスが運営している墨田水族館、新江の島水族館、京都水族館も割引で利用できて便利です。

 

また、カタログギフトもあり、家族には好評でした。今年も楽しみですね。

 

www.odazuna.com

 

www.odazuna.com