日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

定期購入:AT&T

f:id:syywd390:20180530014648j:plain

米通信大手AT&Tを46株(1,484$分)購入しました。

 

毎月米国株・ETFを定期購入しておりますが、AT&Tを始めとするディフェンシブは不人気ですね。この1年間株価は右肩下がりで、配当利回りはいつのまにか6.1%となっています。

 

AT&Tはアメリカの携帯キャリアで第2位の会社ですが、メディア大手タイムワーナーの買収可否の判決が6月12日に出る予定ですので、その可否によってまた大きく変動するかもしれないですね。

 

とはいえ、AT&Tの携帯契約数は伸びていないものの、潤沢なキャッシュフローを生み出す事業は継続しておりますので、今後も淡々と買い付ける予定です。

 

来月の定期購入はVYMの予定です。日本株の期末配当月なので、多めに買えそうで楽しみです。

 

◆定期買付方針

奇数月:米国個別株(保有株で含み損が最大か、含み益最小株。年1回は購入)

偶数月:VYM(2、6、10月)、VOO(4、8、12月)

 

◆購入履歴

2018年1月 IBM 10株

2018年2月 バンガード米国高配当株式ETF(VYM) 18株

2018年3月 クラフトハインツ 20株

2018年4月 バンガードS&P500ETF(VOO) 46株