日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

太陽光発電は儲かるのか

f:id:syywd390:20180506052756j:plain

2009年に導入された太陽光発電の高額買取制度(FIT)が2019年以降試練を迎えるとの記事が日本経済新聞に掲載されていました。

 

当初1kw48円という価格での買取でしたが、本条件は10年で電力会社側の買取義務が解消され、電力会社とは相対での契約になるため、余剰電力の行先が失われる可能性があるとのこと。

 

太陽光発電設置後10年程で元は取れるということで、元が既に取れて自家発電用に使えて電力代がかからなければ御の字という家庭もあろうかと思いますが、方向性としては「電力会社に無償で電力を渡す」「FITの5分の1の価格で売電を継続」「余った電力を蓄電池にため、夜間に使ったり、近隣に融通し合う」の3選択肢が考えられるそうです。

 

地方の方が親戚や近隣との関係は強いと思いますので、子供や親せき、友人に融通できるなら電力会社に安く売るよりはいいと思う方もおられると思いますが、あまり融通しやすくすると電力会社の収益を圧迫するでしょうから、どうですかね。

 

FITで保障されるのが10年だと、投資するには躊躇してしまうので、太陽光発電に自身が投資することは無いと思います。太陽光でもFITの期間に元がとれたり、期間後に売電先が確保できるのであれば、有効な投資先なのかもしれませんね。

 

私自身は1件目に続き2件目も不動産に投資できたらいいなと思ってますが、数年先になりそうです。