日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

自分の強みを考える

資産を増やすには収入を増やすか、支出を減らすか、運用するかのいずれか、もしくは並列しかありません。

自分にどれが合うか考えた上で実行に移すことが資産運用のスタートだと思います。

給与収入がメインの場合は給与収入が増えていけば、資産運用に回せる資金も増えますが、給与収入が増えず、社会保険・税金は増える一方なので、取りかかりやすいのは支出の抑制でしょうか。

ただ、節約のみで人生に彩りが無くなるのは避けたいところです。

以外に無自覚に支出しているものとして、キャリアの携帯電話と車、保険が挙げられます。

携帯はそんなに使わないのであれば、格安スマホで十分。私はケイオプティコムのmineoを使ってます。

車は都心部で週末にしか使わないのであればカーシェアで足りますね。車はは税金、ガソリンなど固定費がとにかくかかります。地方でも子供の送迎や買い物に必須であれば仕方が無いですが、独身であれば自転車や原付で代用できればベターです。

保険は家族がいる場合で自分に何かあったときの所得補償は必要ですが、医療保険がん保険は正直不要と考えます。健康保険は高額療養費制度があり、医療費の自己負担額は限られます。

医療保険に加入する位からその分貯蓄しましょう。仮に入るとしたら掛け捨てで低廉なものに限ります。私自身は独身時代、一切の医療保険に加入しませんでした。

運用は若い内から始め、米国優良配当株やS&P連動ETFに投資し、時間をかけて配当再投資をしていくことをお薦めします。実践できればプロの機関投資家よりパフォーマンスが、良くなる可能性が高いでしょう。

自分が収入増加、支出抑制、運用のいずれが性に合っているか見極めた上で早めに取りかかりたいですね。

私はサラリーマンの属性を活かして不動産投資も始めましたが、お金を借りられるということも自分の強みだと考えております。

楽しみながら資産を増やしたいですよね。