日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

フェイスブックの軟調続く

f:id:syywd390:20180321052738j:plain

SNS大手フェイスブック(FB)の軟調が続いてます。

 

3月20日も前日比-2.55%減の168.15$で引けました。

 

今回の急落の原因としてはフェイスブック保有する5,000万人超の個人情報が不正に外部に流出したというもので、2014年に英ケンブリッジ大学の心理学教授の米国人アレックサンドル・コーガン氏が学術目的でフェイスブックと契約して収集したデータを、英データ分析会社のケンブリッジ・アナリティカが不正に取得したということ。

 

フェイスブックはFAANGというグロース銘柄の筆頭でアップル、アマゾン、ネットフリックス、グーグルと共にここ数年米国株を牽引しておりましたが、グロース銘柄の岐路になるかもしれませんね。

 

連続増配株・高配当株をメインに投資しておりますので、FAANGには直接影響は受けないですが、S&P500に連動するVOOを今年から買い付けてますので、そちらには影響を受けそうです。

 

3月20日~21日のFOMC(連邦公開市場委員会)で利上げも予想されてますが、しばらく米国株も不安定な状況が続きそうです。