日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

2017年10~12月の純利益額ランキング

f:id:syywd390:20180221225451j:plain

日本経済新聞に2017年10~12月期の純利益が多い主な企業という記事が掲載されていたのですが、日本ではトヨタが9,418億円でトップ、米国ではアップルが2兆1,269億円でトップでした。

 

ここまでは結構周知だと思うのですが、保有株では米国ではAT&Tが2位の2兆179億円、ベライゾン・コミュニケーションズが1兆9,789億円で3位、エクソンモービルが8,883億円で7位、アルトリア・グループは5,264億円で9位となっておりました。

 

日本でもNTTが7位の2,090億円、、KDDIが9位の1,611億円の純利益を稼いでおりました。

 

配当の原資は純利益であることから、配当に積極的で潤沢なキャッシュフローを得られる事業体であれば、これからも株主に報いてくれる可能性が高いです。

 

調整局面が続きますが、コツコツと買い増ししていきたいですね。