日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

日本のエンジニアの給料は安い

マッキンゼーで、経営コンサルタント・起業家の大前研一さんのプレジデントの記事。

 

ちょっと前にもブログで紹介しましたが、スマホの販売でサムスンとアップルに次ぐ世界3位の中国の華為技術(ファーウェイ)が日本法人の大卒初任給を40万で募集しておりましたが、ファーウェイ本社の初任給は80万超とのこと!

 

グーグルの米国での初任給が年収で1,000万を超えるという話を聞きましたが、優秀なエンジニアは高く処遇するのが当たり前ながら世界でのスタンダードになってきてます。

 

東大生の就職ランキングでコンサルや商社と並んで最近上位に入ってきているワークスアプリケーションズはアジアの学生の採用で初任給で年収600万を用意している記事もみましたが、日本でも伸びてる企業でグローバルスタンダードに追随する企業が出てきて欲しいですね。

 

president.jp

college.nikkei.co.jp