日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

自分の人生をデザインしていけるか

f:id:syywd390:20180218113904j:plain

アラフォーのオダズナです。

 

40歳位ですと、寿命が約80歳として人生の折り返しは過ぎた感じですね。

 

サラリーマンは通常60歳で定年となり、強制退職になりますが、定年後に再雇用したり、定年を延長する会社も増えてきました。

 

公的年金の受給年齢が早々に65歳とな

り、私達アラフォーが老後を迎える頃には受給年齢が70歳になっている可能性も低く無いと思われます。フランスなんかは既に70歳定年になっているようですが、年齢で雇用を限定するのはナンセンスな時代になってきている気がします。

 

健康な内は働かざるをえない時代となってくるのですが、改めて自分の人生をデザインする力が今後必要になってくるのではないでしょうか。

 

自分の勤めている会社は競争優位を継続できるのか?自分の職種はAIで代替されていかないのか?今は良いが10年後、20年後はどうか?自分は変化し続けられるのか?

 

投資はどれだけの規模で、いつまで継続していくのか?

 

病気で仕事が継続できなかった場合は保険で賄うのか、あるいは貯金や不労所得で賄うのか?

 

子供が自分で食べていくためにはどういった導きをすればよいのか?

 

色々デザインにも切り口があると思いますが、将来を見据えて行動を起こす人と漫然と日々を何気なくサラリーマンを過ごす人では今後更に大きな差が生じていく気がしますね。