日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

SPK純利益27%増

f:id:syywd390:20180127083116j:plain

自動車部品大手SPK(7466)が発表した2017年4月~12月連結決算は、売上高が13%増の315億円、純利益が前年同期比27%増の9億2,700円になったとのこと。

 

ブレーキ補修品の販売やエンジン部品のアジア・中南米への輸出が好調だったようです。

 

2018年3月の予想配当は1株33円となっておりますが、期待できますね。

 

株価は2016年5月以降右肩上がりとなっています。PERは13倍を切る位ですので、まだ割安です。自動車のEV化の流れの中で自動車部品もどうなるかですが、しばらくはマッタリ配当金が受領できそうです。