日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

アルトリアグループから配当金を受領

f:id:syywd390:20180111222238j:plain

米たばこ大手アルトリアグループ(MO)から配当金30.32$(111.62円換算で3,384円)受領しました。

 

アルトリアは元々フィリップモリスという銘柄で、米国内がアルトリア、米国外はフィリップモリスとして分離して今に至っています。たばこ銘柄は煙害に対する訴訟の歴史があり、アメリカの訴訟の影響を回避した結果が今の結果ですね。

 

たばこ銘柄は設備投資がかからず利益が高いので、配当再投資にはピッタリな業種です。ジェレミー・シーゲル著の『株式投資の未来』では株主に大きなリターンを与え続けた銘柄で有名ですが、さて今後はどうでしょう。

 

私はたばこは一切吸いませんが、フィリップモリスの電子たばこのアイコスは最近吸っている方をよく見かけるようになりましたね。確かに従来たばこより煙は臭くないですが、それでもたばこを吸わない人間には気になります。

 

昨年、米FDA(食品医薬品局)のニコチン規制報道で60$弱まで値を下げたアルトリアですが、70$弱へと大分値を戻しております。

 

配当利回り3.75%で、PERが20倍弱と魅力的な水準です。2018~2019年のいずれかで買い増しできたらなと思いますね。今月は浮気せずに、定期買付は当初の予定どおりIBMでいこうと思っております。