日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

日本エス・エイチ・エルはgood

f:id:syywd390:20171206111231p:plain

企業向けに新卒者採用時の適性試験を提供する日本エス・エイチ・エル(4327)が日本経済新聞の『日本経済の牽引と期待される中堅上場企業「NEXT1000」』の内、売上高営業利益率の5年平均ランキングで5位となっておりました。

 

日本エス・エイチ・エルの5年営業利益平均は42.4%と高い数値ですね。直近決算は42.9%とのこと。株価はここ10年なだらかに上昇し、綺麗な曲線ですね。

 

配当利回りは2.9%弱でPERは17.5%弱と割高感はありません。新卒採用は売り手市場が騒がれていますが、今後も堅調な業績が期待できそうです。

 

ランキングでは1位M&Aキャピタルパートナーズ(6080)、2位日本ファルコム(3723)、3位ペプチドリーム(4587)、4位ファーストロジック(6037)が紹介されていました。

 

日本エス・エイチ・エル以外は配当がほとんどないので、あまり魅力は感じませんでしたね。

 

f:id:syywd390:20171206111943p:plain