日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

純利益から見えるもの

日経新聞に日米の7~9月期純利益ランキングが掲載されていました。

以下は米国株のランキングですが、原油安で売られるエクソンモービル、バフェットが売ってかつ配当金が半減になり株価も下げているGE、万年割安株のIBM がランクしています。

純利益が多いということは稼ぐ力があり、配当金にまわせる原資も多いわけで、今後も相対的に配当金が受け取れる企業群が多いのではないかと思います。

既視感があると思ったら、VYMの構成銘柄と被ってるのですよね。やはりいいETFです。


1.アップル
2.JPモルガン・チェース
3.マイクロソフト
4.インテル
5. エクソンモービル
6.ジョンソン&ジョンソン
7.ベライゾン・コミニュケーションズ
8.P&G
9.ファイザー
10.IBM
11. ユナイテッドヘルスグループ
12.シスコシステムズ
13.ホーム・デポ
14.ビザ
15.ゴールドマン・サックス
16.シェブロン
17.マクドナルド
18.ボーイング
19.GE
20.ウォルマート・ストアーズ