日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

ブロードコムのクアルコム買収

NYダウは前日比9.23$高の23548.42$で引けました。

日米首脳会談は無難に終わりましたね。日米FTA関係がもっとゴリゴリ押し込まれると思ってました。GDPで世界1位と3位の国が協調することはポジティブです。

さて、米半導体大手のブロードコムが同業のクアルコムを1050億$、日本円で12兆円で買収提案したようです。

ブロードコムといえば、半導体メモリ大手の東芝メモリの買収先にも一時期名前が挙がってましたが、12兆円とはアメリカは規模が違いますね。

東芝メモリの約2兆円が安く感じてしまいます。

半導体関連株は景気に左右され、長期投資には向かないですが、アメリカ企業のダイナミックさは学ぶことが多いですね。