日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利で資産を増やし、経済的自由を手にいれます。

ドル資産の必要性

10月から食用油が値上がりするようですね。

値上げの理由は原料高とのことですが、今後輸入製品の物価は暫定的に上がっていくと思ってます。

中国、インド、インドネシアなどが経済成長していって日本が輸入する原料の購買で競合していけば、日本も買値を高くしないと買えないわけで、必然的に日本で売る製品を値上げしないと食料品メーカーはじり貧です(今後人口も増えないので、薄利多売もできず)。

日本は成熟して経済成長が望めなくなってきてますし、20~30年スパンでは国力が相対的に低下して確実に円安が進むと思ってます。  

自己防衛のためにも覇権国通貨であるドルの資産を持つことは有効です。そういった意味でもアメリカの高配当優良株に投資し、配当を再投資していく方針は日本のインフレに対する個人の対策としても利に叶っていると思います。