日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

キャノンから中間報告書

f:id:syywd390:20170827042906j:plain

キャノンから第117期の中間報告書が届きました。

決算のポイントは上半期は世界経済の緩やかな回復が続く中、全事業で新製品の拡販に努め、産業機器で大きく販売を伸ばし、東芝メディカルシステムズの新規連結の影響もあり、連結売上高は前年同期比18.6%の増収。

また、高付加価値製品へのシフトのほか、グループを挙げてのコストダウン、経費削減活動の継続により、収益性の改善に取り組み、連結純利益は52.6%の増益。

停滞期は抜け出しましたかね。